婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説

目次

はじめに

婚活写真をどこで撮るのが良いか、悩んでいる方も多いかと思います。

プロフィール写真といえば、白や水色等の、淡い単色の背景で、スタジオで撮った写真が思い浮かびますが、比較的自由度の高い婚活写真は“屋外撮影”も可能です。

屋外撮影では、太陽光を利用したり、フォトジェニックな風景を取り入れたりと、あなたの魅力をさらにアップして、他の人と差を付けることができます。屋内のスタジオで撮るか、はたまた自然が魅力の屋外で撮るか、悩ましいですよね。

そこでこの記事では、婚活写真を屋外で撮影する場合のポイントや注意点をご紹介します。

注意したい点もいくつか出てきますが、念入りに準備して撮影した屋外での婚活写真は、大きな自信になること間違いありません。

ぜひ最後までお読みいただき、屋外で婚活写真を撮影するコツをつかんでみてください。

婚活写真ってどんなところで撮れるの?

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説9

婚活写真は、様々な場所で撮影されています。

就活等のきちんとした証明写真とは異なり、婚活写真の撮影場所はとても自由度が高く、バリエーション豊富です。

まず、大きく分けて写真スタジオのセットや自宅などの屋内撮影と、公園やカフェテリアなどの屋外撮影が選べます。

屋内撮影ではライティングの調整で、集中した雰囲気の中で一人一人の魅力を引き出せますし、屋外の自然光での撮影では、リラックスした雰囲気のある写真が撮れます。

では屋内と屋外、どちらが婚活写真の背景に適しているのでしょうか。

婚活写真は外とスタジオ(屋内)のどちらで撮るのが良い?

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説11

婚活写真を屋内・屋外どちらで撮影するか、迷ってしまいますよね。

実は正解はなく、どちらを選んでも問題ありません。自分の魅力を引き出せそうな方をお好みで選んでも大丈夫です。

もし、複数ポーズを登録できる場合は、上半身を屋内で、全身を屋外で撮影するなど、あなたの魅力をたっぷり伝え、他の人と差をつけることができます。

しかし、屋内と屋外、選び方にはコツがあります。それぞれのメリットを見ていきましょう。

屋内で撮影する場合のメリットは、なんといっても天候に左右されず、思い立ったらすぐに撮影でき、ライティングを細かく調整しやすいところです。

屋外での撮影は、天気の良い日中が望ましく、どうしても時間が限られてしまいます。逆光や風などの自然条件にも気を付けなければいけません。

一方、屋外で撮影する場合のメリットは、自然光と広々とした中でリラックスした表情が出しやすいことです。

撮影に慣れていない、緊張しやすい方は屋外のほうが自然に撮れます。また背景とお顔がなじみやすいため、顔つきがくっきりしていない方にも、屋外はおすすめです。

婚活写真を外で撮る時の注意点

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説4

では実際に、婚活写真を外で撮影する場合は、どんなことに気を付けたら良いでしょうか。

せっかく撮影するのなら、完璧な仕上がりを求めたいですよね。

撮影にあたって、いくつか注意点があります。特にプロにお願いするのではなく、友人などに撮影を頼むときには、気を付けてみてください。

⑴他の人が写真に写り込まないようにする

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説6

屋外撮影の時には、他の人の写り込みには気を付けたいものです。

誰が見ているか分からない他人の写真に、自分がたまたま写っていたら、良い気はしませんよね。

また、他の人が写り込んでいる写真を使っていること自体、気配りができない、だらしない印象を与えてしまいます。

たとえぼやけていても、他の人が写り込まないように気を付けて撮影しましょう。

そして、撮った写真に他の人が写っていた場合、モザイクやスタンプで消してしまうのもNGです。

雑な印象を与えてしまいますし、失礼です。

たとえどんなに気に入った写真だとしても、撮りなおしましょう。

⑵逆光に気をつける

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説2

逆光とは、光が被写体の背後から差すことです。

普段のスナップ写真でも、逆光で失敗した経験は誰にでもあると思います。

婚活写真の場合、逆光になってしまうと、お顔がとても暗くなってしまい、分かりづらくなってしまうので気をつけましょう。

ちなみにプロにお願いする場合は、レフ板を使うこともあるので、その場合は逆光を気にせず、お好きなシチュエーションで撮影することもできます。

レフ板を使った逆光での写真は、お顔を明るくするだけでなく、黒目にキャッチライトが入り、目力アップの効果も期待できます。

⑶背景となる景色が目立ちすぎないようにする

また、背景となる景色が目立ちすぎないようにすることも、婚活写真では大切です。

婚活写真の主役はあくまであなた自身です。背景に、いろんな情報があると、主役であるあなたの顔に集中することができないうえ、いらぬ感情を抱かせてしまいます。

良かれと思って、旅行先の景色を選んだ場合、「旅行に時間やお金をかけているのかな」「自分を置いて旅行に行ってしまいそう」などと、思わぬマイナスイメージを持たれてしまう場合もあります。

写真だけで悪印象を与えてしまうと、会ってもらうことすらできません。

そして、不特定多数の方が目にする婚活写真です。特定できる場所もおすすめできません。

できるだけ目立たない、良い意味で個性の少ない景色を選びましょう。適度な木々がある公園や、あまり個性が強すぎないカフェテリアがおすすめです。

背景は、あくまであなたを引き立てる小道具です。主張しすぎないように注意しましょう。

婚活写真を外で撮影した場合により良い写りにするポイント

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説10

ここまで、婚活写真を外で撮る時の注意点をご紹介してきましたが、ここからは、実際撮影する際、より良い写真写りにするポイントをご紹介します。

注意点と合わせてご覧いただき、失敗しない婚活写真を目指しましょう。

自然光を取り入れて撮影する

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説5

屋外写真での、最大のメリットはなんといっても自然光で撮影できることです。

屋内で、人工的に調整した照明で撮影するより、柔らかく美しい光の陰影を活かした、より魅力的な写真を撮影することができます。

ですが、自然光はコントロールできないので、工夫して撮影しなければなりません。

まず晴天の日を選びましょう。人が少なく日当たりの良い、撮影に適した場所を、撮影の前に予め見つけておくことも大事です。

また、太陽の位置も、イメージを大きく左右します。午前中はすっきりとした爽やかなイメージ、お昼は太陽の力が強くなります。日が傾きかける時間帯は、どこか懐かしいような柔らかい写真が撮れます

理想的な仕上がりをイメージして、天気予報を確認しながら、自然光を最大限味方に付けることが出来る日程調整をしましょう。

清潔感のある年相応な服装

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説3

次にご紹介するポイントは服装です。

これは屋内・屋外撮影に関わらず、必ず気を付けたいポイントです。

婚活写真で最も重要なのは、【異性】に【会いたいと思わせる】ことです。

そのため奇抜なセンスや個性は不要なのです。

それよりも大切なのは清潔感です。しわの無い、清潔感あふれる色味・デザインの服装を選んでください。

女性なら、体のラインがキレイに出て、露出しすぎない服装を、男性ならサイズ感を重視し、体にフィットした服装をベースに、春先ぐらいのコーディネートを選ぶと良いです。

またその中で、20代は若さを出し、30代では落ち着きを出し、40代ではさらに上質感をプラスするなど、年相応の服装を選ぶことで、ぐっと印象が良くなります。

変に若作りをする必要は全くありません。

ピントをあなたに合わせる

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説7

最後にご紹介するポイントは、ピントについてです。

プロに撮影をお願いする場合は問題ないのですが、友人などが撮影する場合は、ピントに気をつけましょう。

スマートフォンでもデジカメでも、簡単にピントを合わせることができます。

主役であるあなたにしっかりピントがあった状態で、シャッターを切ってもらいましょう。

またピント位置ですが、全身写真を撮る場合には顔に合わせます

バストアップや、顔のアップを撮影する場合は、目にピントを合わせてもらいます。

顔を斜め横から撮る場合には、カメラ側にある目にピントを合わせましょう。

カメラより奥にある目にピントが合うと、不自然な写真になってしまいます。

そして、なにより背景にピントが合わないように注意が必要です。

婚活写真を外で撮るならロケができる写真スタジオにお願いするのがおすすめ

婚活写真は外で撮るのがいい?外で撮影する場合のポイント・注意点を解説8

ここまで、屋外で婚活写真を撮る際の注意点や、より良い写りにするポイントをお伝えしてきましたが、素人が撮影する場合は意外と難しいということにお気づきいただけたでしょうか?

場所選びや日時設定、撮影技術など全てがうまく行かないと、満足のいく婚活写真を撮ることはできません。

しかし、屋外で婚活写真を撮影するのは、他の人とも差がつけられて魅力ですよね?それならば、ぜひ屋外での婚活写真撮影は、写真スタジオのプロにお任せください。

婚活写真に強い写真スタジオには、ロケプランがあることが多いです。スタジオ近くのフォトジェニックな撮影場所も押さえており、経験も豊富。

そのため、安心して任せることができます。そして、撮影を初対面のプロにお願いするとなった時に、屋内で撮影するより屋外のほうが開放的でリラックスでき、よりあなたらしい表情を引き出してもらえますよ。

ロケーション撮影となると多少値がはるスタジオや写真館もあるかと思います。ですが、それでも自然の中であなたの魅力が溢れた1枚に仕上がり、最高のパートナーと出会えるのであれば決して無駄な金では無いです。

婚活写真プランに力を入れる写真スタジオもたくさん増えていますので、ぜひお近くの写真スタジオを探してみてくださいね!

外で婚活写真を撮る時のポイントまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、外で婚活写真を撮る時のポイントをご紹介しました。

撮影に多くの注意を要する外での写真撮影ですが、うまく行けばぐっとあなたの魅力が伝わり、他の人と差が付く写真が撮れるはずです。

気心の知れたご友人やご家族に撮ってもらえば、リラックスした楽しい雰囲気の中、普段のあなたの魅力を最大限引き出してもらえますし、プロにお願いすれば、高い技術力で満足のいく写真を撮ってもらえるはずです。

そして、最高の写真で、あなたの婚活がうまく行くよう、心から願っております。