婚活写真で加工はしてもいい?加工なしのコンプレックス解消法も紹介します

目次

  1. はじめに
  2. 婚活写真で過度な加工をするのはダメ!その理由とは
  3. 婚活写真の加工でOKな例とダメな例を紹介
  4. 婚活写真で加工せずに見た目のコンプレックスを解消する方法
  5. 婚活写真の加工についてのまとめ

はじめに

婚活中のみなさん、こんにちは!

「婚活写真は成功への第一歩!できるだけキレイに撮りたい!」

「会いたい!と思ってほしいし、少し加工するならOKかな?」

「見た目にコンプレックスが…加工なしでも上手く隠せる方法ってあるのかな?」

こんな疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、婚活中のあなたに向け「婚活写真の加工はOKなのか」「加工なしで婚活写真を撮るなら、コンプレックスはどう解消したらいいか」という疑問にお答えしていきます!

それに加えて、

  • ・婚活写真の加工でOKな例とダメな例
  • ・婚活写真で加工せずに見た目のコンプレックスを解消する方法

を解説していきます。

婚活写真に対する疑問を解決し、あなたの婚活写真を素敵な一枚にしましょう!

婚活写真で過度な加工をするのはダメ!その理由とは

婚活写真で加工はしてもいい?加工なしのコンプレックス解消法も紹介します1

ずばり!婚活写真で加工のし過ぎはNG。

その理由は実際に会ったときに「えっ!?写真と全然違うんだけど…」と失望されてしまうから。

婚活をしている多くの人は「見た目」を重要視しているので、見た目を偽って会ってもその後の関係に発展しません。

自分の時間をムダにしないために、会ってくれた相手の時間を奪わないためにも過度な加工をしないことが重要です。

婚活写真の加工でOKな例とダメな例を紹介

レタッチ
婚活写真の加工でダメな例とOKな例をそれぞれ紹介していきます。

婚活写真の加工でダメな例

婚活写真の加工でダメな例は、以下の3つです。

  • ・顔の大きさの加工
  • ・顔のパーツの加工
  • ・体型の加工

では具体例を詳しくご説明していきましょう。

顔を小さくする

小顔に見せようと、加工アプリで顔の輪郭を削り、小顔にする人がいますが、小さくし過ぎるのはやめましょう。

実は顔の大きさや輪郭を変えることは、見た目の印象を大きく変えてしまうのです。

また、輪郭の削り過ぎは不自然な上に、整形っぽく感じます。

整形に対して良い印象を持たない男性もいるので、逆にマイナスなイメージを持たれてしまうかもしれません。

顔のパーツをいじる

顔の印象を大きく左右する、目や鼻の形を変えることも避けましょう。

加工アプリを使うと、元の形がわからないくらいに加工されてしまいます。

体型や顔の大きさとは違い、目や鼻はメイクで変えることが可能な部分。

もしコンプレックスに感じるなら、メイクで隠すのがおすすめです。

体型を変える

婚活で付き合うことになった場合、必然的にデートをする機会が増えます。

街中を一緒に歩くことを考えると、相手の体型は重要

加工した体型は、不自然に足が長くなったり、顔と体のバランスがおかしかったりと、オススメできません。

加工した写真で会う約束をし、会うまでにダイエットすればいいやと考える方もいるかもしれませんがかなりハードな上に、健康面での負担が大きいのでやめたほうがいいです。

体型が気になるなら、カバーできる服装やポージングで写真を撮ることをオススメします。

婚活写真の加工でOKな例

婚活写真で加工はしてもいい?加工なしのコンプレックス解消法も紹介します3

次に婚活写真の加工でOKな例を紹介します。

OKな例は、実際に会ったときに大きなギャップを感じない程度の加工。

以下で、詳しくご紹介していきます。

一時的な肌荒れを隠す

婚活写真の肌をキレイにすると、良いイメージを持たれます。

今は肌が荒れているけど、実際に会うときまでに治せるのであれば、少し加工してもOKです。

しかし、ニキビ跡やそばかすのように治せないものを加工して消してしまうことは避けましょう。

ニキビ跡などのような治せないものを消すのではなく、写真自体をワントーン明るくしてみてください。

実際のあなたはそのままでも、明るく見えるので好印象です。

顔の左右のバランスを整える

人の顔は元々左右対称ではありませんが、眉毛や口角を左右対称にすると、良い印象に変化します。

ただ素人が加工すると、「右をいじって、左をいじって、また右をいじって…」と繰り返し、もはや別人になりかねません。

写真スタジオなどでプロのカメラマンにお願いすることをオススメします。

婚活写真で加工せずに見た目のコンプレックスを解消する方法

婚活写真で加工はしてもいい?加工なしのコンプレックス解消法も紹介します4

ではどうすれば、加工せずにあなたのコンプレックスを解消できるのでしょうか?

顔と体型別に、あなたのコンプレックス解消法をお教えします。ぜひ参考にしてください。

顔のコンプレックスを解消する方法

顔のコンプレックスを解消する方法は以下の2点です。

  • ・メイク
  • ・髪型

メイクや髪型を工夫すれば、加工せずにコンプレックスを解消できます。

婚活写真と実物のあなたの違いが少ないことは、相手をがっかりさせることもなく、あなたへ良い印象を持たれるでしょう。

具体的な方法を下記でご紹介いたします。

カバー力の高いファンデーションを使ってメイクする

婚活写真では、写りを良くするためのメイクが重要。

肌荒れやホクロを隠せるぐらい、カバー力の高いファンデーションを使ってみましょう。

必要であれば、コンシーラーを使って集中的にカバーすることも必要です。

ただし厚塗りや白過ぎで、顔と首の色に差が出ないように気をつけましょう。

顔だけ浮き出て見えてしまい、不自然に感じます。

婚活写真のベースメイクについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

婚活写真の印象はベースメイクで決まる!アイテム特徴とメイク手順を紹介

シェーディングで顔を小さく見せる

いつものメイクではあまり使わない方も、シェーディングを入れてみましょう。

顔の輪郭にブラウン系のシェーディングを入れることで、陰影により顔を小さく見せることができます。

自分の理想とする顔の輪郭部分を、ブラシでなぞるようにシェーディングを入れてみましょう。

実は芸能人やモデルさんが撮影の際にするメイクでは、ほぼシェーディングを入れているのです。

それほどシェーディングの効果は大きいので、ぜひ挑戦してみてください。

小顔に見える髪型にする

  • ・前髪を作る
  • ・サイドのボリュームを出す
  • ・トップにボリュームを出す
  • ・髪を輪郭に被せる

といった方法を使えば加工なしでも小顔に見せることができます。

美容院に行った際は、小顔に見える髪型を相談してみてはどうですか?

体型のコンプレックスを解消する方法

体型のコンプレックスも顔のコンプレックス解消法と同様に、服装で工夫してみましょう。

服装で工夫できると、コンプレックス解消だけでなく、オシャレ認定してもらえます。

将来、あなたと一緒に服を選んだり、オシャレのアドバイスをしてほしいと、あなたとの今後を想像するきっかけになるかもしれません。

では、具体的な方法を下記でご紹介していきます。

ストライプのシャツを着る

太めの体型がきになるのであれば、ストライプシャツがオススメ。縦縞のストライプ効果で、スッキリとスマートな体型に見えます。

しかし、痩せ型の人は逆効果でガリガリに見えてしまうので注意しましょう。

丈が短めのトップスに腰が高めのボトムスを着る

足長効果を狙うなら、トップスを短めに、ボトムスはハイウエストのものがオススメです。

トップスは短めのクロップドトップスで、腰の位置をより高く見せましょう。

ハイウエスウトのボトムスはウエストの位置を高く見せる効果があるので、足長効果バツグンです。

短めトップスとハイウエストボトムスは、足長効果の最強コンビと言われています。

婚活写真の加工についてのまとめ

いかがでしたか?

婚活写真での重要なポイントは、婚活写真の加工をし過ぎて、実際に会ったときに、実物と違うと思われないこと。

コンプレックスがあるなら、加工をせずにメイクや服装でカバーしましょう。

もし自分でカバーできないのであれば、プロのカメラマンにお願いすることもオススメです。

加工は最小限にして、あなたの一番素敵な表情が収められた婚活写真を手に入れましょう!

婚活写真ならスタジオインディ