お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介

目次

  1. はじめに
  2. モテる服装を知っていれば30代でも婚活は間に合う!
  3. 30代女性がお見合い・婚活写真で着るべき服装の特徴
  4. 理想の相手に会うために30代女性におすすめのコーデ
  5. 婚活写真の靴はパンプス一択
  6. アクセサリーを付けて華やかさを出すのもおすすめ
  7. スタジオインディでは婚活写真の撮影をしています
  8. 30代女性のお見合い・婚活写真におすすめの服装まとめ

はじめに

お見合い、結婚相談所、マッチングアプリ等、どんな婚活でも第一印象を作るのはプロフィールとして見られる写真です。

婚活用写真からは、容姿以外にも趣味趣向や性格、雰囲気など様々な情報を読み取ることができます

そのデータを元に、「この人と婚活を進めていくか否か」という判断をする訳です。

この記事では、婚活の第一関門である写真で、容姿以外の全ての要素に係る写真撮影時の服装について解説。

自分の容姿はそれ程悪くないと思うが、何故か婚活が上手くいかないという方。もしかすると婚活写真の洋服選びで大失敗している可能性があります。

婚活用写真での洋服の選び方を知りたい方はもちろん、これから婚活に本腰を入れたい30代女性の方は特に必見です。

モテる服装を知っていれば30代でも婚活は間に合う!

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介3

婚活が上手くいかないと真っ先に考えるのは「もっと早くから婚活しておけば良かった」という後悔ではないでしょうか?

どれだけマッチングを希望しても相手にNGを出され、待っていても誰も自分を選んでくれないとなると婚活のモチベーションは下がる一方です。

もっと美人だったら、もっと若ければ、そんな「たられば」ばかり嘆いてはいませんか?30代で婚活を順調に進めている人の多くは、素敵なプロフィール写真を使用しています。

この成功者達は飛びぬけて美人ばかりではなく、モテファッションを上手に取り入れて男性から選ばれる女性になっている場合が多いのです。

プロフィール写真の服装を変えるだけで婚活が上手くいくなんて…と思っているあなた。

婚活で最も重要なプロフィール写真に全力を出していなければこれから先の未来もそう明るくはありません。

まずは、婚活写真において洋服のコーディネートが重要な理由について紹介していきます。

服装が重要な理由1:顔の次に服装を見られる

婚活写真を撮る際、そこから読み取れる情報は限られています。

まずは顔立ち

自分の好みか?生理的に無理なタイプではないか?など基本的な好みを顔立ちで判断します。

その次に見られるのが洋服なのです。

洋服から読み取れる情報は多く、その人の体型や好み、TPOを弁えられているか、センスの有無、婚活にどれ位本気なのか等を判断する要素になります。

婚活写真において、洋服は二次試験のようなもの。

洋服のチョイスによって、あなたの第一印象は決まり、婚活を次の段階に進めることができるのかどうかが決まるのです。

服装が重要な理由2:服装次第で異性として見られるか決まる

異性に友だちの多い人の特徴として、ファッションが中性的という点があります。

異性であることを感じさせないことで、共感力が増したり安心感を覚えたりするためです。

友だちを多く作ることが目的なのであれば、これで正解かもしれませんが、結婚することを目的としている婚活では完全に不正解。

婚活では、多くの婚活写真の中から「気になる女性」として異性にアピールし、選んでもらう必要があります。

まずは「この人に会ってみたい」と思わせるためにも婚活写真で相手の理想的な女性であることをアピールする必要があるのです。

服装が重要な理由3:男性の好みに合わせることで周りと差がつくから

婚活が上手くいかない女性に多く見られる失敗点の一つに、プロフィール写真を自分好みの仕上がりにしているという点があります。

これは特に単独で婚活を行うマッチングアプリ利用者に多い落とし穴です。

「男脳」「女脳」と言われるように、男性と女性は趣向や好みの根本的な部分が違います

有名な例で言うと、女性に大人気のパッツン前髪は、多くの男性にとって苦手な髪型であると言われています。

このように多くの女性が良いと思うものであっても、男性には不人気という場合は少なくないのです。

婚活のターゲットはあくまで男性との出会い。

自分が好きなファッションよりも、男性に好まれるファッションを選ぶ方が、多くの女性の中から「この人に会ってみたい」と選ばれ、婚活では優位に立てるようになります。

30代女性がお見合い・婚活写真で着るべき服装は?

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介2

ファッションとはTPOが最も重要とよく言いますが、婚活においてのコーディネートにもTPOが存在します。

まだ見ぬ相手に自分の魅力が最大限に伝わるファッションを、大多数の人に「良い感じ」と思われるコーディネートでまとめることが重要です。

今回は、30代女性に注目してお見合いや婚活で使う写真撮影で選ぶべき服装について紹介していきます。

30代女性が着るべき服装1:落ち着いた服装

婚活で30代女性に求められるのは、やはり落ち着いた大人の魅力ではないでしょうか。

婚活では特に「この人なら、理想的な妻になってくれそう」と思わせなければいけません。

そのためにも、常識をわきまえている落ち着いた服装をチョイスするのが良いでしょう。

落ち着いた服装をコーディネートする場合、原色よりもややトーンを下げた色味を選ぶのが正解です。

同じ色でも目に優しい色味を選んでいくと、自然とトーンは低めの落ち着いたファッションに仕上がりやすくなります。

30代女性が着るべき服装2:大人の色気を出した服装

多くの女性の中から婚活で選んでもたうためには、女性としての魅力をアピールすることも忘れてはいけません。

基本的に30代以上の女性が多い婚活市場ですが、近年では20代から婚活を始めるという女性も増えてきました。そうなると、若い女性に人気が集まるのは避けられないでしょう。

30代女性が、20代女性に対抗するには大人の色気をアピールしていくしかありません。

20代にはない、30代女性の知的で上品な色気を演出してくれるファッションを選びましょう。

30代女性が着るべき服装3:シンプルな服装

女性のファッションは、柄やデザインが豊富です。ボーダーやストライプ、水玉、花柄など、魅力的な洋服が多いものの、これらはあまり婚活向きではありません。

男性は「柄=派手」という認識を持つ人も比較的多く、女性からするとシンプルな小花柄でも派手な印象を持たれてしまう可能性が高いからです。

婚活の第一印象を作るプロフィール写真では、なるべくスッキリとした無地に近いデザインのファッションをチョイスしておく方が無難だと言えます。

30代女性が避けるべき服装もある

30代の婚活で重要なのは早く終わらせること。以下のような服装だと婚活が長期化する恐れもあるので、避けたほうがいいです。

  • 普段着:カジュアル・本気度が無いと思われる
  • ブランド物:服にお金をいっぱい使いそうと思われる
  • 個性の強い服装:気が強い人と思われる
  • 露出が多い服装:他の男と遊んでそうと思われる
  • 全体的に暗い:一緒にいて楽しくなさそうと思われる

「わがままだ!」と思うかもしれないですが、着たい服で婚活写真を撮ると理想の相手まで逃してしまう恐れも。

男性の好みに合わせることに徹底して婚活写真を撮りましょう。

理想の相手に会うために30代女性が着るべき服

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介1

婚活をしている人の中には「ありのままの自分を好きになってくれる人と出会いたい」という人が多く、好みのファッションで撮影した写真を見てマッチングした人の方が進展が期待できるという方もいます。

しかし現実問題、それでは出会いすら訪れることなく時間だけが過ぎていく場合が殆どなのです。

まずは、出会わなければ自分を知ってもらうチャンスすらありません。

その出会いを得るために、自分の好みを捨ててモテるファッションを選ぶ必要があるのです。

ここからは、何が何でも婚活を前進させたいと思っている30代女性がお見合い写真や婚活写真を撮影する際に着るべき洋服について詳しく解説していきます。

1.ワンピース

キレイめで女性らしい印象を持たせるなら、最もオススメなのがワンピースです。

デザインによっては体型補正もできるので普段は二の腕や脚の太さが気になってワンピースを避けているという人でも選んでみる価値があります。

特に夏場に使用する婚活写真では、涼やかで爽やかなイメージと清楚な露出で大人の色気もアピールできる点でおすすめです。

30代女性がワンピースを選ぶときの注意点

キレイめファッションの代名詞とも言えるワンピースですが、30代女性の場合は特に丈に注意して下さい。

短すぎると若作りをしている印象になりますし、ロング丈やマキシ丈などになるとややカジュアル感が強くなったり体型があまり分からず太っている印象に見えてしまいがちです。

どれだけ短い丈でも、膝上3cmより短くならないようにしましょう。

ワンピースの選び方とは

上品でキレイめ、尚且つスタイルも良く見せたいならミモレ丈ワンピースを選ぶのが良いでしょう。

膝が隠れるミモレ丈は、ワンピースを上品な印象に見せてくれます

その他、ワンピースの襟口や袖の形も自分の体に合ったものを選ぶことが重要。

鎖骨が見える広めの襟口なら、首元から顎周りがシャープに見えますし、ふんわりとボリュームのある袖口を選ぶと二の腕が細く見えます。

自分のコンプレックスを自然にフォローしてくれるワンピースを選びましょう。

2.トップス×スキニー

パンツスタイルは、一歩間違えれば中性的な印象を作ってしまう恐れがあります。

それでもパンツスタイルに拘りたいという場合には、トップスとスキニーパンツで洗練された大人の女性を演出するのがおすすめです。

お見合い・婚活写真のファッションとしてはやや難易度の高いパンツスタイル。

特に男性的にならないように注意してコーディネートしましょう。

30代女性がトップスを選ぶときの注意点

トップスとスキニーのコーディネートをする時、通常ならボリュームのあるトップスとタイトなスキニーを組み合わせますが写真撮影時には絶対にNGです。

写真撮影では、大きいものは大きく、小さいものは小さく写ります。

そのため普段通りの感覚でコーディネートすると、ボリュームのある上半身がそのまま写り、ふくよかな印象を与えてしまうのです。

写真撮影では、鏡に映る時と感覚が変わってくるので、タイトに見せたい部分はボディラインを隠さずタイトなデザインの洋服をあてがう必要があります。

30代女性がスキニーを選ぶときの注意点

スキニーパンツを選ぶ際には、生地の質感やデザインをキレイめにシフトする必要があります。

もちろん、デニム生地やダメージ加工などはNG。

スキニーパンツは、膝の後ろや裾部分に皺が入りやすく写真撮影をした際に、皺が多く入ってしまうと下半身がキレイに映りません。

生地やサイズ感にも注意して、体にフィットするものを履くようにしましょう。

トップスの選び方とは

トップスとスキニーのコーディネートでは、インナーにピッタリとした洋服を選び上からゆったりとしたカーディガンなどを羽織るのが無難です。

その他、バリキャリ風に見えるワイシャツやジャケットとのコーディネートも良いですし、柔らかく家庭的な雰囲気を感じる落ち着いたチュニックを合わせるのも良いでしょう。

自分がどんなイメージに見せたいのかを考えるとコーディネートしやすくなります。

スキニーの選び方とは

スキニーパンツを選ぶ際には皺の入りにくい生地のものを選ぶと、写真映りが良くなります。

また、色味はトップスと被らないように注意しつつ収縮色(黒、紺、深い青等)を選ぶと脚が細くキレイに見えるでしょう。

スキニーパンツの裾は、ロールアップだとカジュアルに見えてしまうので自分の脚の長さに合わせて裾上げし、くるぶしが見える丈にしておくと足首のくびれ部分が見えて下半身がスリムに見えます。

3.トップス×スカート

定番のトップスとスカートのコーディネートは、体型補正がしやすく色選びを厳選することで写真の顔映りを良くすることもできます。

トップスとスカートなら持っているから…と、ついつい手持ちの物で済ませてしまいそうになりますが、良く映るものを丁寧にコーディネートしましょう。

30代女性がトップスを選ぶときの注意点

通常時でも、スカートのコーディネートではトップスをタイトに抑えるのが定番です。

トップスにボリューミーなもの選んでしまうと、スカートのボリュームと相まって体型が大きく見えてしまうので注意しましょう。

さらに、スカートスタイルではトップスの丈選びも重要です。

トップスの丈に余りがあると座って写真を撮る際にお腹周りに皺ができて映りが悪くなってしまいます。

スカートにインするのか、アウトするのかを考えて余らない丈のものを選びましょう。

30代女性がスカートを選ぶときの注意点

スカートはワンピースと同じく、長すぎず短すぎずが基本。

その中でも、スカートスタイルの際はウエストポイントが重要になります。

ローウエストのスカートを選ぶとカジュアルさが出て、ボディラインが崩れて見えてしまうので注意しましょう。

スカートのデザインも、バルーンスカートを選んでしまうとカジュアルであり子どもっぽい印象を与えてしまうので避けた方が無難です。

トップスの選び方とは

スカートスタイルのトップスを選ぶ際には、ストレッチ加工のされているピッタリとしたものを選ぶと、上半身がすっきりして見えます

お腹周りが気になる人は、補正下着でフォローすると写真映りがより良くなるでしょう。

首元がすっきりとして鎖骨がキレイに見えるトップスも良いですが、スカートスタイルなら首元の詰まったタートルネックや襟のついたシャツでも、重くなり過ぎず清楚にコーディネートすることができるのでおすすめです。

スカートの選び方とは

スカートを選ぶ際、まず最初に決めるのはスカートの形です。

可愛い印象を作りたいなら、フレアスカートかプリーツスカート

クールな印象を作りたいならタイトスカートが良いでしょう。

フレアスカートやプリーツスカートなら、膝丈もしくは膝が隠れるミディ丈がマッチしやすいですし、タイトスカートなら膝がしっかり隠れつつも長過ぎないミモレ丈が上品です。

写真映りを考えると、皺になりにくく大人の色気を感じるレース生地やチュール素材を使ったスカートを選ぶのも有り。

安っぽく見えないように生地の重厚感には注意して選びましょう。

婚活写真の靴はパンプス一択

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介5

お見合いや婚活用の写真は、基本的に正装に近いフォーマルなコーディネートが良しとされています。

全身写真を撮る際には、足元も気を抜かずにパンプスでコーディネートしましょう。

ヒールがついていた方が、脚が長く姿勢も綺麗に見えるので5から7センチ程度のヒールがついているものを選ぶのがおすすめ。

つま先部分が空いているオープントゥーや、かかとが空いているスリングバックのパンプスは、カジュアルに見られてしまう可能性があるので避けた方が無難です。

アクセサリーを付けて華やかさを出すのもおすすめ

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介4

洋服の色味を落ち着いた雰囲気にしていくと、どうしても写真映えがしにくくなります。そんな時には、アクセサリーでアクセントを付けて写真映りを華やかにしていきましょう。

アクセサリーを選ぶ際のポイントは、チェーンの細い華奢なデザインのものを選ぶという点です。

チェーンが太ければ太い程、アクセサリーはその存在感を増していきます。アクセサリーばかりが目立ってしまうと「派手な人」というレッテルを貼られかねません。

特に婚活では、ごちゃごちゃと着飾ってしまうと敬遠されやすい傾向にあるのでアクセサリーはトータルで2点までに抑えておくのがおすすめです。

ネックレス、イヤリング、ブレスレット、どれも線の細いデザインを選ぶのが良いでしょう。

スタジオインディでは婚活写真の撮影をしています

お見合い・婚活写真で30代女性が男性に選ばれるための服装を紹介6

お見合いや婚活用の写真では、プロに撮影を依頼するのがメジャーです。

折角、似合う洋服をコーディネートしても照明が悪ければ色がくすんでしまうし、写真をとる角度が悪ければボディラインが崩れて映ってしまうこともあるでしょう。

スタジオインディでは、洗練された技術を持つカメラマンがあなたの一番美しい姿を写真へと切り取ります。

お見合いや婚活では、写真の第一印象が最も重要です。責任重大な写真だからこそ、プロの手で作成して貰い婚活をスムーズにすすめていきましょう。

30代女性のお見合い・婚活写真におすすめの服装まとめ

30代女性におすすめなお見合い・婚活写真のコーディネートを解説してきました。

婚活写真を撮影する際の服装の選び方や、選んではいけない洋服を知り、今まで失敗していた点を見つけることができた方もいるのではないでしょうか。

ワンピース、パンツスタイル、スカートスタイルの具体例も参考に、是非ご自身が一番キレイに見えるファッションで婚活写真の撮影をしてみて下さい。