婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説

目次

はじめに

婚活にご興味のあるみなさん。婚活・お見合い写真の準備はいかがでしょうか?

今回は、“婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情”をご紹介します。

婚活写真での表情の出し方って、意外と難しく悩んでしまいますよね?

にっこり笑顔が良いのか、落ち着いた表情が良いのか、歯を見せるべきか口を閉じるべきか。自分の考えた表情が、異性受けが良いのかもなかなか分からないと思われます。

また、普段から写真に慣れていなければ、婚活において重要な表情のぎこちないものとなってしまいます。

撮影本番で慌てないように、婚活の行方に大きく影響する、表情もしっかり準備して臨みたいものです。

今回はこちらの記事を参考に、効果的な婚活写真の表情をマスターしていただければと思います。

あなたの一生を左右する婚活写真。表情も戦略を練って進めたいものですね。

婚活・お見合い写真で写る表情は結果を左右するほど重要

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説5

婚活・お見合い写真では、表情は結果を左右するほど重要です。実は顔の造りより、表情のほうが大事と言っても過言ではありません。

いくらイケメン・美女でも、固く暗い表情だと、冷たい印象になってしまいますし、逆に大笑いしていても、気配りができないような、不自然なイメージになります。

婚活写真で自然な笑顔を向けられれば、安心感が生まれますし、相手を不快にさせない表情作りは、相手のことを思いやるイメージに繋がります。

写真には動きがなく、静止画なので、その一瞬の表情で、異性に判断されてしまいます。

婚活写真では、何よりも会ってみたいと思わせることが大切です。

そのためには親近感を与える表情作りが大事なのです。

婚活写真で異性に好かれる好印象な表情にするポイント4

では一体どんな表情が婚活写真に適しているのでしょうか。

婚活に適した、好印象な表情にする具体的なポイントを4つご紹介します。

できれば鏡を用意して、実践しながら読んでみてください。

⑴歯を見せて上品な笑顔で撮る

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説11

婚活写真の王道の表情は、自然に見える適度な笑顔です。

上の前歯が8本きれいに出る笑顔は、より美しく、親しみやすい自然な笑顔となります。

ただし、笑顔と言っても、口の奥や下の歯が出るのはやりすぎです。どちらも品がなく見えてしまいますし、不自然な表情のためシワが寄ってしまい、老けた印象になってしまいます。

口の奥が出るとバカ笑いのようになり、静止画の婚活写真では浮いてしまい不快感を与える場合もありNGです。気をつけましょう。

また下の歯が出ているととたんに作り笑顔のようになってしまい、顔つきによっては胡散臭い印象にさえなってしまいます。

上の歯がきれいに見えているだけで、充分笑顔は演出できます。

⑵目を見開いた状態で撮る

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説7

笑顔にすると、目が細くなってしまいますが目の大きさはキープしましょう。

具体的には、頬の筋肉で笑顔を作り、真顔の時と同じぐらい、目の縦幅は保ちます。

笑顔にするとまぶたが下がってしまいますが、上まぶたは下げず、下まぶたは頬の筋肉が上がる分、少し盛り上がる程度にします。

慣れるまで難しいので、撮影までに鏡でじっくり練習しましょう。

なぜ、目の大きさは保ったほうが良いのでしょうか。

実は、黒目が大きいほうが眼力が高まり、好印象に繋がります

瞳孔が開いた状態のほうが、異性を惹きつけることができるため、いくら素敵な笑顔でも、目が細くなるのは損なのです。

また女性は涙袋もポイントです。涙袋を強調すれば、目がさらに大きく見えて可愛らしさもプラスされます。

涙袋は表情とともに、メイクでも作ることができます。

ぜひ、自然に見える眼力を作りこんで、好印象を獲得しましょう。

⑶あごを引いて撮影する

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説8

婚活写真を撮影する際、あごを引くだけで想像以上の効果があります。

あごの引き方にはコツがあります。

ただあごを、首のほうに引き寄せただけだと、首にしわが寄ったり、二重あごになってしまいます。

肩甲骨を寄せて、首全体を後ろに引くと、自然にあごが引き、シャープな顔つきになります。

あごを引くことによって、顔の上部が手前に来るため目元が強調されて、顔が引き締まって見えます

また自然に口角も上がるので、自然な笑顔を作り出すことができます。

ただし引きすぎには要注意。不自然な上目遣いになりますし、首にシワが出来て逆効果です。

⑷女性は首を傾けるのもあり

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説10

女性の場合は更に、首を傾けるのもおすすめです。

体の線が直線より、自然なジグザグを見せたほうが写真写りがきれいになります。

カメラに向かって斜め姿勢を取り、カメラ側の肩を少し下げます。

下げた肩と反対に首を傾けると、清楚で女性らしく、可愛らしい印象となり、下げた肩の方に首を傾けると、楽しくアクティブなイメージとなります。

また首を傾けて動きをつけることで、髪の毛が揺れているように見え、より女性らしさを演出することができます。

男性はピアスや髪の毛、スカートなど揺れるものに本能的に惹かれますので、それを利用します。

こちらも傾けすぎるとシワが寄ったり、全体のバランスが悪くなり不自然になります。

3~5cmぐらい傾けると良いですが、鏡を見て研究してください。

婚活写真の仕上がりが悪くなるNGな表情3選

ここまでで、婚活写真で異性受けする好印象な表情にするポイントを4つご紹介しましたが、コツは掴めましたでしょうか。

ここからはNGな表情を3つご紹介します。

こちらをしっかり読んで、失敗しない表情づくりを学んでください。

⑴口の奥や下の歯が見える笑顔

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説9

口を大きく開けて、口の奥や下の歯が見える写真は、すごく楽しそうに見えますが、婚活写真としてはどうでしょうか。

数多くの婚活写真の中で、そんな笑顔は目を引きますが、正直会いたいとは思えません。

まず、婚活として相手に選ばれたいという意気込みが感じられません。

状況も分からず、大笑いしている写真を見ても、特にこちらが楽しくなることはありませんよね。

相手に対しての気配りが感じられません。

そんなことから色気も感じられず、下品に見えてきます。

シワも多く寄り、目も細くなってしまい、異性として.のアピールができません。

友達なら良いかもしれませんが、異性として見てもらえず、残念ながら候補からは消えてしまいます。

⑵真顔・キザな顔

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説6

逆に、真顔でキザに決めた顔はどうでしょうか。

残念ながら怖くて近寄りがたい雰囲気になってしまいます。

こちらも大笑いの笑顔と同様、相手から受ける印象を無視した、気配りのできないイメージとなってしまいます。

気難しい印象になり、実際会っても笑ってもらえないのではないか、会話が弾まないのではないかと思われ、候補から外されてしまいます

第一印象が重要な婚活写真では、真顔やキザな表情は止めて、自然に見える適度な笑顔で写りましょう。

⑶首が上がったままの顔

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説4

首の角度も重要です。

適度に横に曲げるのは特に女性には効果的ですが、首が上がり、首から上の角度が後ろに反ってしまうのはNGです。

鏡を前に、試してみると分かりますが、かなりアホっぽい表情になってしまいます。

また目つきなどによっては人を見下したような表情になります。

この姿勢では変顔の部類になってしまい、結婚相手というより人として頼りなく、信用できないと思われるので、首の角度には気を付けましょう。

婚活写真を撮る際には姿勢にも気をつけよう

婚活写真で良い表情を撮るには、首から上だけでなく、体の姿勢も重要です。

姿勢が良いと自信に繋がり、良い表情に繋がります。

また無理のないしなやかで自然な良い姿勢にすることで、全体的なバランスも良くなります。

ここからは姿勢について、見ていきましょう。

背筋をしっかりと伸ばす

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説3

良い姿勢の基本は、男女ともに背筋をしっかり伸ばすことです。

最近はスマホやデスクワークの影響で、自分で思っている以上に猫背になっている方が増加しているので、ここはしっかり意識しましょう。

猫背は頼りなく、暗く老けたイメージになってしまいます。

逆に背筋が伸びている人はそれだけで爽やかさや清潔感、凛とした印象や育ちの良さをイメージさせ、会ってみたいと思わせます。

逆に、背筋を伸ばすことに意識しすぎて、胸を張りすぎると偉そうなイメージになり、近寄りがたい印象になります。

頭のてっぺんから、見えない糸でつるされているようにイメージすると自然な良い姿勢が作れます。

肩の力を抜いてリラックスする

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説1

背筋がしっかり伸びていても、肩に力が入ってしまうと表情が固くなり、印象も悪くなります。

また、肩に力が入ると、首が短く見えたり二重あごの原因にもなります。

背筋を伸ばし、肩甲骨を寄せて肩を開いた姿が美しい姿勢ですが、それに伴って肩が上がりやすいので気を付けましょう。

また普段の癖で、どちらかの肩が上がってしまう場合があります。

それは身体が歪んでいる可能性があるので、日ごろからストレッチをしたり、カバンを交互に持つと良いです。

普段リュックサックを背負う方も、肩に力が入り、肩が上がりやすくなってしまうため要注意です。

適度に肩の力が抜けた、良い姿勢を保つのは、自分ではなかなか難しいです。

必ず他の人にチェックしてもらいましょう。

婚活写真に慣れたプロのカメラマンなら、表情・ポージングを細かくアドバイスしてくれますので安心です。

婚活写真で好印象な表情にするためには撮るカメラマンが重要

婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情をプロが解説2

ここまでで、婚活写真での効果的な表情や姿勢についてご紹介してきましたが、それを撮影するカメラマンによって仕上がりが大きく変わります。

あなたの良さを良くわかっている家族や友人、またはプロのカメラマンにお願いして、最高の1枚を撮影してもらいましょう。

異性の友達やカメラマンに撮ってもらうことで、相手目線の写真を撮ることができます。

異性受けを狙うなら、異性に撮ってもらうのが婚活が成功する近道です。

思わぬアドバイスを得られることもあります。

ただし、異性に慣れていない方や、初対面のカメラマンでは緊張してしまう方は、同性のカメラマンがおすすめです。

楽しくおしゃべりしながらリラックスして撮影できるのは、同性ならではです。

きっと自然に見える表情を引き出してもらえることでしょう。

婚活写真の表情まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は婚活写真で異性に好かれる表情のポイントとNG表情、また姿勢についても併せてご紹介しました。

婚活写真での表情づくりや姿勢について、コツはつかめましたでしょうか。

婚活写真で自然に見える写真は、決して自然に撮った写真ではありません。

戦略を重ねて、鏡の前で何度も練習をし、自然に見えるベストショットを撮影することが大事です。

異性受けする表情は、撮影だけでなく、実際に会った時にも大いに役立ちます。

最高の表情で婚活写真が撮影できることを、心から願っています。