婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します

【目次】

  1. はじめに
  2. そもそも婚活写真を撮るときにメガネは着けても良いの?
  3. 婚活写真でメガネをかけることでどう変わるのか
  4. メガネやコンタクトで婚活写真を撮影するときの注意点
  5. 婚活写真に適したメガネの特徴
  6. 顔の形別に似合うメガネを紹介
  7. まとめ:メガネで婚活写真を撮るのは問題ない

はじめに

婚活写真でメガネをかけても大丈夫なの?

そんな疑問を持っている方にむけて、婚活写真でメガネをかけても大丈夫なのか、解説していきます!

また、メガネをかけて婚活写真を撮影する時の注意点や、婚活写真に適したメガネについても解説します。

婚活写真は、相手に会いたいと思ってもらえるか決める大事なものとなるので、ぜひ最後まで読んで、婚活写真に適した格好を理解していってください!

そもそも婚活写真を撮るときにメガネは着けても良いの?

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します1

まず、婚活写真の撮影でメガネをかけても大丈夫なのか、答えからいうと、メガネをかけても全く問題はありません。

むしろ、メガネをかけることによって、相手からの印象を変えることができ、相手によってはその印象を良い印象としてとらえてもらえます。

では、メガネをかけることによって、どのような印象を相手に与えるのか。次はそのメガネが与えることができる印象について解説していきます!

婚活写真でメガネをかけることでどう変わるのか

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します2

婚活写真でメガネをかけることによって、相手に与えることができる印象は「知的」、「落ち着いている」、「親しみやすい」の3つ。

こういった印象を相手に与えたいと思う場合には、メガネをかけて婚活写真を撮影するのがおすすめです。

与える印象について、詳しく見ていきましょう。

メガネが与える印象1:知的

弁護士や、白衣を着た研究者、頭のいい大学生などはメガネをかけている印象が強いです。これらの人たちはみな知的で、メガネ=知的という印象に結びつくことになります。

ただしメガネならなんでも良いということではないのです。知的な印象にしたい場合、

  • ・スクエア型
  • ・ツーポイント型
  • ・ウェリントン型

のメガネがおすすめ。

「知的」という印象以外でいうと、スクエア型、ツーポイント型の場合は「シャープ」、ウェリントン型の場合には、「落ち着いている」、「男性的」という印象を与えることも可能です。

メガネが与える印象2:落ち着いている

メガネによって、感情的ではない落ち着いた印象を与えることができます。

落ち着いて見せることで、男性であればトラブルのときも冷静に対応できるようなイメージに繋がります。女性の場合は、落ち着いている=家庭的というイメージになりやすいです。

「落ち着いている」という印象を与えたい場合には、ウェリントン型、またはボストン型のメガネを選びましょう。

ボストン型のメガネは若々しい印象をあたえることもできます。

メガネが与える印象3:親しみやすい

メガネの種類によっては、目元が優しく見えるので、親しみやすいイメージに繋がりやすくなります。

「親しみやすい」という印象を与えたいなら、セルフレームのメガネがおすすめ。

反対に、メタルフレームは堅い印象を与えます。

また、形でいうならボストン型のメガネが「親しみやすい」という印象を与えやすいです。

メガネやコンタクトで婚活写真を撮影するときの注意点

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します3

以上のように、メガネをかけることによって、婚活写真で相手に与える印象を変えることができます。

ただし、メガネで婚活写真を撮影する場合には、注意しなければいけないこともあります。

次は、その注意点について解説していきます!

注意点1:実際に会うことになったときと同じスタイルにする

1つ目の注意点は、メガネで婚活写真を撮影するなら、実際に会う時もメガネをつけるべきということ。

これは婚活写真と実際に会ったときの姿が違うと、相手に不信感を抱かれやすくなるからです。

結果、相手との距離を縮めにくくなってしまう可能性があります。

そのため、婚活写真をメガネで撮影するならメガネで会う、コンタクトで撮影するならコンタクトで会うようにしましょう。

注意点2:メガネをかけた人を好まない人もいる

2つ目の注意点は、メガネが必ずしも好まれるわけではないということです。

単純にメガネをかけている人が、見た目としてタイプではないという人もいます。

また、先ほどメガネが与える印象で紹介した「知的」や「落ち着いている」といった人を好まない人もいます。

もちろん、反対にメガネをかけた人がタイプ、「知的」や「落ち着いている」人がタイプという人もいます。

このような点も踏まえた上で、婚活写真でメガネをかけるかどうか、かけるならどのようなメガネにするか考えましょう。

注意点3:ライティングによってメガネが反射しないようにする

3つ目の注意点は、ライティングによってメガネが反射するのを防ぐ必要があるということです。

婚活写真を撮影する際には、よりきれいに撮るため、光をあてます。

ですが、その光がメガネに反射してしまい、婚活写真として使えなくなる可能性があります。

ただ、メガネによる光の反射は、顔や体の向きを調整し角度を変えることで、防ぐことができます。

なので、撮影時にプロのカメラマンの方と相談しながら、メガネがライトで反射しないように、顔や体の向きを調整してみてください。

婚活写真に適したメガネの特徴

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します4

婚活写真でメガネをつけても問題ないとはいえ、婚活写真に適しているメガネと、そうでないメガネはあります。

そして相手に悪い印象を与えないためにも、婚活写真に適したメガネを選ぶ必要があります。

次は、その婚活写真に適したメガネの特徴を紹介していきます。

顔の形に合っている

メガネといってもフレームの形が何種類もあり、自分の顔の形に合っていないと、相手からの印象を下げてしまう可能性があります。

特に婚活では写真の印象が大事になってくるため、しっかり自分の顔の形に合ったメガネで写真を撮影する必要があります。

顔の形ごとに似合うメガネ、似合わないメガネについては、このあと紹介します。

見た目が派手でない

柄が入っている、色が明るすぎる、個性的な形をしているなどの派手なメガネは、婚活写真には適していません。

婚活では、結婚したあと相手と円満な家庭を築けそうか、一生のパートナーとして付き添うことができるかを気にしている人が多いです。

そのため、ある程度真面目そうな人、女性であれば品がある人が好まれます。

ですが、派手なメガネをかけていると、真面目や上品といった印象からは遠ざかってしまいます。

結果、会いたいと思ってもらえる可能性が下がってしまいます。

レンズに色が付いていない

レンズに色がついているサングラスやブルーライトカットのメガネも、婚活写真では着用しないようにしましょう。

色付きレンズの場合、見た目が派手になってしまうだけではなく、顔の一部が隠れてしまいます。

そして、顔が隠れてしまうと、相手に安心感を与えにくくなってしまいます。

顔を全て見えるようにして、少しでも相手に安心してもらうために、婚活写真では色付きレンズのメガネの着用は避けましょう。

顔の形別に似合うメガネを紹介

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します5

続いて、顔の形別に似合うメガネを紹介していきます!

丸顔に似合うメガネ

まずは、丸顔の人におすすめのメガネです!

丸顔は、顔の縦幅が短く、ふっくらとした顔のことをいいます。

下の写真でいうと、左下が丸顔となります。

婚活写真でメガネは似合う?顔の形別に紹介します6

(引用:J!NS)

丸顔に似合うメガネ1:スクエア

スクエアは、レンズの形が四角で横長の長方形タイプのものとなります。

先ほどのメガネの印象で話したように、スクエア型のメガネは「知的」、「シャープ」といった印象を与えます。

丸顔に似合うメガネ2:ハーフリム

ハーフリムは、レンズの半分のみにふちがあるタイプのものです。

ハーフリムのメガネをかけると、顔にすっきりとした印象を与えることができます。

丸顔に似合うメガネ3:リムレス

リムレスは、レンズのふちがないタイプのメガネです。

リムレスのことをツーポイントともいいます。

こちらはあまり顔の印象を変えず、ナチュラルな印象を与えることができます。

面長顔に似合うメガネ

次は、面長顔の方におすすめのメガネです。

面長顔は、顔の縦幅が長く、ほっそりとした顔のことをいいます。

先ほどあげた写真でいうと、右上の顔の形となります。

面長顔に似合うメガネ1:ウェリントン

ウェリントンは丸みを帯びた逆台形型で、正方形に近いタイプのものとなります。

「知的」、「落ち着いている」、「男性的」といった印象を与えます。

面長顔に似合うメガネ2:ボストン

ボストンは逆三角形に近い楕円型のメガネとなります。

「落ち着いている」、「若々しい」といった印象を与えます。

逆三角顔に似合うメガネ

逆三角形顔とは、顔の縦幅が短く、ほっそりとした顔のことを言います。

上記の写真でいうと、右上が逆三角形顔となります。

逆三角顔に似合うメガネ1:オーバル

オーバルは、タマゴ型の形をしたメガネとなります。

「優しい」、「大人っぽい」と印象をあたえます。

逆三角顔に似合うメガネ2:ボストン

ボストン型のメガネは、面長顔の方だけではなく、逆三角形の方にも似合います。

*ボストンの形、与える印象は「面長顔に似合うメガネ2」を参照。*

四角顔に似合うメガネ

四角顔とは、顔の縦幅が長く、ふっくらとした顔のことをいいます。

上記の写真の左上が四角顔になります。

四角顔に似合うメガネ1:オーバル

オーバル型のメガネは、逆三角顔だけではなく、四角形の方にも似合います。

*オーバルの形、与える印象は「四角顔に似合うメガネ1」を参照。*

四角顔に似合うメガネ2:ボストン

ボストンは、面長顔、逆三角形顔に加えて、四角顔の方にもおすすめです。

*ボストン型の形、与える印象は「面長顔に似合うメガネ2」を参照。*

四角顔に似合うメガネ3:ラウンド

ラウンドは、円形で若干楕円ぽい形をしたメガネとなります。

「若々しい」、「かわいい」といった印象を与えます。

まとめ:メガネで婚活写真を撮るのは問題ない

以上紹介してきたように、婚活写真に適したメガネを選び、注意点を守れば、メガネで婚活写真を撮っても大丈夫です!

むしろ、メガネが与える印象を上手く利用することで、いい出会いをたぐり寄せることができるかもしれません。

ぜひ、自分に合ったメガネをかけて、自分らしさあふれる婚活写真を撮影してみてください!